誰でも簡単!たった21日で正常値に!

食道がんの特徴とは

特徴と症状について

お酒やたばこで心肺機能が弱っていると、手術ができないこともある

【食道とは】口から入った食べ物を胃に送りこむための臓器

食道は、長さ約25センチ、太さ2〜3センチの筒状の臓器で、ロから入った食べ物を胃へと送るはたらきをしています。
食道自体には、消化する機能はありません。

食道の壁は、内側から外側に向けて「粘膜」「粘膜下層」「固有筋層」「外膜」の四層からなっています。
粘膜は粘液を出して、表血をなめらかにして食物をとおりやすくします。

固有筋層は、伸びたり縮んだりする「蠕動運動」をおこして食べ物を胃へ運びます。
外膜は、周囲の臓器とのあいだをうめる結合組織です。

首の部分にある食道を「頸部食道」、腹部にあるのを「腹部食道」、残りを「胸部食道」とよびます。
こうした部分にできるがんを一般に食道がんといいます。

【食道がんの特徴】高齢者の男性患者が多く死亡率はほほ横ばい

食道がんは、がんの発生した部分により、頸部食道がん胸部食道がん腹部食道がんの三つに分けることができます。
このうち、日本でもっとも患者数が多いのは胸部食道がんです。

食道がんでは、内側をおおっている粘膜の表面の細胞(扁平上皮細胞)ががん化する「扁平上皮がん」がもっとも多く、全体の90%以上を占めています。

男性に多く発生するのが、このがんの特徴で、その男女比は6対1と圧倒的な数字を示しています。
男性では、6番目に多いがんとなっており、がん全体では10番目となります。

次のページで、食道がんのなりやすい年代と症状について詳しく解説いたします。
もっと見る