心臓から発する命の危険信号の狭心症について

狭心症の自覚症状と発作

狭心症の症状

66,744

狭心症の自覚症状と発作

狭心症の発作は、心臓への血流不足が原因。
したがって、心臓が活発に動く運動時などによく起こると言われています。
具体的にどのような症状が現れるのか紹介いたします。

胸中央が広範囲に痛むのが特徴

狭心症の症状としてよく知られているのは「胸の痛み」です。
左胸が苦しくなるイメージが有りますが、実際には胸の中央が痛みます。
心臓は胸のほぼ中心にあるからです。

指で指し示せるようなピンポイントの痛みではなく、広い範囲が痛むのも狭心症の特徴です。

「胸全体が締め付けられるような痛さ」「肋骨の内側が広く圧迫されるような痛さ」と表現されることも多いようです。
発作は通常、数分〜15分以内で治ります。

心筋梗塞の場合は症状がより強く、発作時間もより長くなります。

あご、のど、肩など関係なさそうな部位が痛む場合もある

胸だけでなく、左の肩や腕、背中、あご、歯、のど、胃、みぞおちなど、心臓とは一見関係なさそうなところに痛みを感じることもあります。
これを「放散痛」といいます。

放散痛は、虫歯胃潰瘍など、狭心症以外の疾患と間違えやすいので覚えておきましょう。

危険!痛みを感じる神経が鈍くなり、心不全になって初めて気づくことも

中には、まったく痛みを感じない人もいます。
特に、糖尿病を患っている人や、高齢者の場合、痛みを感じる神経が鈍くなってしまい、痛みが軽かったり、気づきにくいことがあるのです。

これは危険で、知らない間に心筋梗塞を起こしていたり、心不全になって初めて気づくケースもあります。
突然死することもありますから、年に一度は心電図の検査を受けるなど、十分な注意が必要です。

次のページで、狭心症の診察について詳しく解説いたします。もっと見る