狭心症の検査の種類 | 狭心症の症状と最新治療法
心臓から発する命の危険信号の狭心症について

狭心症の検査の種類

狭心症の検査方法

25,804

狭心症の主な検査の種類

ホルター心電図

24時間連続して記録でいる携帯型の心電計を装着。
日常生活での心臓の状態や、自覚症状と心電図の関係無症状の発作があるかどうかを把握することができます。

運動負荷試験

心臓に運動負荷をかけて心電図や血圧を記録する検査です。
動いているベルトの上を歩く「トレッドミル法」、固定式の自転車をこぐ「エルゴメーター法」などがあります。
適切な運動レベルを知る上でも役立ちます。

超音波検査[エコー]

超音波を使って、心臓の大きさや心筋の状態をしべたり、心臓弁の状態、動きが悪いところがないかなどを確認します。
通常、超音波検査だけで診断することはなく、この検査で異常が発見されなくても、外の検査を行って調べます。

心筋シンチグラフィー

放射線検査の一種です。
注射で薬剤を投与して撮影し、心筋の状態を調べます。
冠動脈の狭窄によって、血流低下している部位を発見することもできます。

冠動脈造影検査

カテーテル検査の一つ。
細い管(カテーテル)を挿入し、動いている心臓の冠状動脈に造影剤を入れて造影。
血管の狭窄や閉塞の状態、流れなどを調べます。

前腕から挿れる方法と、大腿動脈から挿入する方法があり、どちらも局所麻酔をします。
一般に1〜2日の入院が必要です。
検査そのものは1〜2時間程度です。

CTスキャン

コンピューターの断層撮影によって、リアルに心臓を見られます。
320列CTという最新鋭機器は、短時間で心臓全体を撮影でき、これまでのCT検査ではわかりにくかった血管状態まで正確に把握できます。

次のページで、狭心症の治療について詳しく解説いたします。もっと見る