心臓から発する命の危険信号の狭心症について

狭心症の予防と再発防止

狭心症の予後について

13,540

狭心症の予防と再発防止

治療の進歩によって高い確率で改善が見込まれる狭心症
しかし、発病前と同じ生活を続けていれば、再発の可能性はついてまわります。
予防と再発防止のために、心臓に優しいライフスタイルを心がけましょう。

まずは食事の改善から!薬の服用は医師の指示通りに

治療で血管を広げたり、手術で血管の迂回路を作ることはできますが、もともとの生活習慣を見なおさなければ、再び発作を起こす可能性が高いと狭心症は言われています

一番大きな原因は動脈硬化で、動脈硬化の大きな原因は高脂血症です。
ですから、高脂血症にならないように、生活習慣病への配慮が必要です。

それにはまず、食事が一番大きいです。
動物性の脂はなるべく避けましょう。
それから野菜をたくさん摂取し、魚を食べるようにしましょう。

適度な運動も大切です。
運動をする時間がなかなか取れない方は、通勤を歩いたり、階段を使うように心がけましょう。
運動をすると発作が起きるのではと思いがちですが、実は運動によって心機能が高まることがわかっています。
運動負荷試験で自分はどのくらいの運動量が適切なのかを調べると良いでしょう。

また、発作予防や治療後のコントロールのために医師から薬を詳報されている場合は、自己判断で減らしたりやめたりせず、きちんと決められた料を服用することも大切です

次のページで、狭心症のよくある質問について詳しく解説いたします。もっと見る