更年期障害の対処と最新療法

更年期による食欲不振・便秘・下痢

食欲不振・便秘・下痢について

便秘がちでお腹がすっきりしなかったり、ちょっとしたきっかけで下痢になって食も進まなくなる。

更年期になると食欲不振になったり、便秘、下痢に悩まされる

女性は年齢を問わず、便秘に悩むひとが多いのですが、更年期には更に訴えが多くなります。
逆に下痢に傾く人もいます。

便秘や下痢が気になってしまうと食欲もふるいません。
これらは自律神経の失調が原因で、更年期症状の一つとなります。
他の更年期症状やストレスが重なると更に症状が悪化してしまいます。
消化器の不調は体全体の調子に影響を与え、気分もすっきりしないため、生活全体が低調になりががちになります。

注意するポイント

何をしても自然な排便が無理なら、自分にあった軟便剤を使いましょう。
加齢とともに腹筋や大腸の蠕動(ぜんどう)も弱まるので常備薬を使用するほうが安心して生活できます。
排便時に出血がある場合や、便秘と下痢を交互に繰り返すときは念のため病院で検査を受けましょう。

日頃のアドバイス

食事は規則正しくまた食物繊維の豊富な食品を多く摂るようにしましょう。
朝起き抜けに冷たい水を飲むのも効果的です。
ヨガ腹筋運動マッサージは腸の動きを良くするので実行してみましょう。

次のページで、更年期によるむくみ・静脈瘤について詳しく解説いたします。もっと見る