更年期による膣の乾燥・性交痛 | 更年期障害の対処と最新療法
更年期障害の対処と最新療法

更年期による膣の乾燥・性交痛

膣の乾燥・性交痛について

更年期による膣の乾燥・性交痛イメージ

局部が乾いてヒリヒリします。夫に言えずに我慢しているのですが、痛くてセックスが辛く擦れて出血することもあります。

女性ホルモンの減少による膣の変化

更年期にさしかかり、閉経が近くなると、女性ホルモンの減少によって外性器、内性器に種々の変化が起こります。

まず、膣の弾力性が徐々に失われ粘膜が薄くなってきます。
またそれでは膣壁に分散しているバルトリン腺から分泌液が出て膣を潤していたのが、この分泌液も減ってくるので、膣内は乾燥した状態になります。

更に今延期中期から後期になると、大陰唇や小陰唇などの外性器が萎縮して薄く小さくなります。
膣の乾燥やかゆみ、入浴時にしみる、セックスの時に痛みをかんっじるといった症状はこのような外性器、内性器の変化によって起こってくるのです。

粘膜も弱く、下着で擦れたり、セックスの刺激などで傷ついたり出血しやくなったりします。

注意するポイント

なかなか人に相談しにくい症状なので、一人で悩んでいるというケースが多いのですが、いろいろな解決法があるので我慢しないで医師相談すると良いでしょう。

全身的な治療としてはホルモン補充療法がよく効き、漢方療法も有効です。
他の更年期症状がなく、性交痛や膣の乾燥など、症状が膣部に限られている場合には内服薬でなく、弱いエストロゲンを混入した膣座薬を用いることもできます。

これを数日間使うと、膣の入り口や粘膜にうるおいが出てきて、ペニスの挿入がスムーズになり、性交痛が消失します。

膣の痒みしみる感じもなくなります。
不足している分泌物の代用となるゼリー状の潤滑剤を使用する方法もあります。
性交時の局所に塗って使います。
薬局でも入手できますが、婦人科を受診すれば処方してもらえます。

なお、更年期に入って、女性ホルモンが減少してくると、膣内の最近に対する抵抗力が落ちてきます。
そのために、膣炎の頻度が高くなりますから、おりものがふえたり、おりものに血が交じる場合は必ず婦人科を受診しましょう。

また性交後の出血は子宮がんの症状のこともありあす。
念の為に子宮がん検診を受けましょう。

子宮がんの詳しい情報はこちらもっと見る

日頃のアドバイス

更年期に入ったら、外陰部を清潔に保つことが必要です。
それまで女性ホルモンの働きで細菌が入っても感染しにくくなっていたのですが、女性ホルモンの減少で膣内の抵抗力が弱まってくるからです。

排便後は前から後ろに向かって拭く習慣をつけます。
ウォシュレット程度はかまいませんが、ビデなどで、膣の仲間で洗うのは帰って膣の自浄作用を低下させるのでやめましょう。

入浴時、石鹸で性器を洗うのは避け、閉経後は刺激しないようにぬるま湯で洗い流すだけにしましょう。

次のページで、更年期によるおりものについて詳しく解説いたします。もっと見る