誰でも簡単!たった21日で正常値に!

高血圧予防にDHAとEPA

DHAとEPA

高血圧予防にDHAとEPAイメージ

高血圧の予防に有効なDHAとEPA

DHA・EPA

飽和脂肪酸は肉類、牛乳、卵などの動物性脂肪に多く、体内でコレステロールを増やして動脈硬化を促進するおそれがあるので、取り過ぎないようにします。
一方、不飽和脂肪酸、特に多価不飽和脂肪酸血液をサラサラにする作用が高いため、動脈硬化を予防してくれます

多価不飽和脂肪酸の中でも、魚油に多く含まれるEPAエイコサペンタエン酸)やDHAドコサヘキサエン酸)は、血圧を調整する作用、心臓病脳卒中などを予防する効果に優れています。

DHA・EPAといったオメガ3脂肪酸は血管の柔軟性を保ち、血液中の脂質バランスを調整してサラサラにするのに有効で高血圧対策にもなります。

DHAの効果

  • コレステロールを下げる
  • 血管の老化を防ぐ
  • 赤血球を柔らかくする

EPAの効果

  • 中性脂肪を下げる
  • 赤血球を柔らかくする

DHAEPAがともに豊富な食品は、イワシやサンマなどの青背の魚です。
ただし酸化しやすいので、新鮮なものを食べましょう。

血液をドロドロにする動物性脂質リノール酸を減らすように意識して、DHA・EPAのオメガ3脂肪酸を摂取するよう心がけましょう。

リノール酸の多い食べ物

  • マーガリン
  • マヨネーズ
  • スナック菓子
  • インスタント食品等
次のページで、アスタキサンチンと動脈硬化について詳しく解説いたします。もっと見る