発作を防ぐ日常生活のコツ | 高血圧を簡単に正常にする方法
誰でも簡単!たった21日で正常値に!

発作を防ぐ日常生活のコツ

日常での対処法

発作を防ぐ日常生活のコツのイメージ

様々な場面で血圧は上昇する

人間の血圧は一定ではなく、常に上がったり下がったりしています。例えば、体を横にしているときに最大血圧が100mmHgだったとしても、立ち上がれば130mmHgぐらいまで上がるのは極ふつうのことです。
また、人間の血圧には、ほぼ1日で周るサイクルがあります。
多くの人の場合、夜は血圧が低く、昼は血圧が高くなるのです。
更に、いろいろな条件が重なることによって、血圧は思いもかけないほど上がります。
急に冷たい空気に当たったり、体を動かしたり、何かに興奮した時にも血圧は上昇します。
ゴルフなどの勝負事、車の運転、寒いトイレでの排便、誰かと口論している時になどは、血圧は非常に高くなるはずです。

そんな時、血管が健康でしなやかならば、血圧が多少上がったぐらいには耐えることができます。
しかし、高血圧によって動脈硬化を起こしている人の場合、急激な血圧の上昇はとても危険です。血管がもろくなって破れたり、詰まったりしやすくなっているからです。

脳や心臓など、生命の維持に関わる重要な期間の場合、血管に僅かなトラブルが起こっただけで命取りになりかねません。

特に、高血圧に加えて糖尿病のある人は、一層血管がもろくなっており、コレステロール値の高い人は一層血管が詰まりやすくなっているので、更に注意が必要だといえます。

血圧の上昇・発作を防ぐ7つのコツ

では、なかなか血圧が下がらない人の場合は、どうすればよいのでしょうか。
その場合は、肥満解消適度な運動塩分やアルコールの制限など、生活習慣の改善をしながら、症状に合わせた降圧薬を使用することによって血圧をコントロールすることが第一です。
それとともに、高血圧の人は、次に上げるような日常生活を送ることで、血圧を上げない、発作を起こさないコツを知っておくことも大切です。

1.目覚めて起きるのは危険

体を慣らしながら、ゆっくりと起き上がること。

2.お風呂と脱衣婆は危険地帯

お湯はぬるめにし、脱衣場はあたたかく。

3.体を急に冷やすのは危険

特に、首をマフーらなどで温かくすること。

4.トイレでいきむと発作の危険あり

便秘をしない食生活が必要。

5.血圧は緊張と興奮で急上昇する

いつもぼんやりしているぐらいの心がけで。

6.充分なタンパク質を摂る

タンパク質を充分に摂ることで強い血管を作ります。

7.1日30分のウォーキングを

毎日のウォーキングの習慣が血管を若返らせる。

以上、血圧の高い方は是非心がけてください。

次のページで、脳卒中の前兆について詳しく解説いたします。もっと見る