原因と改善方法

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症の原因とは

26,571

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症の原因ははっきりと分かっていませんが、長期間ひざに負担がかかることで、膝関節のクッション機能を果たしている軟骨に傷がつくことが最も有力だと言われています。

加齢によるもの

膝に負担がかかる期間が長くなると変形性膝関節症を発症しやすくなります。
また、関節の中にる軟骨に栄養を供給しているヒアルロン酸は加齢に伴い減少するので、軟骨が傷つきやすくなります。

肥満によるもの

人が歩くときは、膝には体重の約3.1倍の負荷がかかります。
例えば、体重が60kgの人では膝に約180kgの負担がずっとかかっていることになります。
体重が重いほど膝に負担がかかりやすいので、軟骨半月板が損傷しやすく変形性膝関節症を発症しやすくなります。

姿勢によるもの

猫背など歩く姿勢が悪い人は、普通の姿勢で歩く人より膝への負担が大きくなるので発症しやすくなります。
また、日本人に多いO脚は膝の内側に体重がかかることが多くなるので、内側の軟骨が傷つき痛みを発症する原因となります。

運動不足によるもの

運動不足で脚の筋肉が衰えてくると膝に大きな負担がかかってしまうので、膝関節のクッションの役割をしている軟骨が傷ついてしまい、膝を動かしたときの衝撃が吸収できにくくなって痛みを生じます。

性別によるもの

変形性膝関節症女性に多く発症することが分かっています。
理由は明らかになっていませんが、閉経などによるホルモンのバランスも影響していると考えられています。

閉経と更年期障害についてはこちら

次のページで、変形性膝関節症の診断と治療について解説いたします。もっと見る