今日から始める快眠テクニック

不眠症対策の快眠入浴法

不眠に効く入浴法

運動と同じ効果あり!簡単快眠入浴法でぐっすり眠る

入浴で体温を上げて快眠を目指す

代謝量を増やすには有酸素運動が良いとわかっていても、「運動する時間がない」「運動が苦手」という方も多いでしょう。
そんな人でもすぐに実行できて、運動と同じ効果を得られるのが、「簡単快眠入浴法」です。

この入浴法の目的は、入浴によって体温を1℃上昇させ、脳の温度も上げること。
そして入浴後の体温の下がるときに眠れば、脳の温度が下がって快眠に繋がるのです。

体温を1℃下げる4つのポイント

入浴法のポイントは4つあります。

  1. まず湯温は41℃を目安にして下さい。
  2. 湯船には10〜15分、ゆったりと浸かります。
  3. 体を洗うのは体が温まってからにして下さい。
  4. 入浴のタイミングは、寝る1〜2時間前

入浴中に上昇した体温が下がり始めるのは、入浴後1時間ほどたってからです。
入浴後、眠くなってきたら迷わずおやすみなさい!

体温を1℃上げる簡単快眠入浴法

湯温は41℃
あつすぎるお湯では長い間入浴していることができません。41℃が適温。
入浴時間は10〜15分
かけ湯をして湯船に入る。すぐに出てしまわず、じっくりと浸かること。
寝る1〜2時間前に入浴する
入浴で上昇した体温は、1時間ほど経過してから下がり始める。ここが眠りにつくチャンス!
湯船で温まってから体を洗う
湯船に使って体を温めてから体を洗ったら、再び湯船にじっくり浸かる。

湯船から出ている方にタオルを掛けて、熱を逃がさないようにするのも良いです。

次のページで、ストレスと不眠について詳しく解説いたします。もっと見る